サービス提供責任者の仕事を理解しよう【求人で仕事を見つけよう】

訪問介護の仕事

人形

責任者として働く

超高齢化社会に突入した現在、在宅介護を選択されている方も多いと思います。しかし、身内だけでは対応できなくなったり、一人暮らしで生活が困難になったり等で、訪問介護を利用するケースが増えています。訪問介護において、非常に重要な役割を担うのが、サービス提供責任者という仕事で、求人も増加傾向にあります。サービス提供責任者の業務内容は、非常に多岐に渡ります。ケアマネジャーが立てた介護プランを基に、訪問介護サービスの計画を立案します。利用者や家族への説明を行い、利用者本人の同意を得るのもサービス提供責任者の仕事となります。ヘルパーへの具体的な指示や指導も行います。時には、同業の担当者との意見交換会などにも出席したり、介護報酬の請求のための事務作業も行います。ヘルバーに同行したり、急遽シフトに入って、介護サービスを実際に行うこともあります。まさに、訪問介護の責任者と呼ばれるに値する業務内容になっています。このようにサービス提供責任者の仕事は、大変ですが、やりがいのある点が人気の理由の一つです。また、一般的な介護職と比べて給与などの待遇面も良く、求人においてもその傾向は伺えます。定年までしっかり勤務できる安定した職業としても人気があります。介護保険法では、訪問介護事業所において利用者40人に対して1名のサービス提供責任者の配置が義務付けられていますので、求人が今後も増えると予想されます。訪問介護事業所により、求人の内容はバラツキがありますので、よく確認する必要があります。

Copyright© 2018 サービス提供責任者の仕事を理解しよう【求人で仕事を見つけよう】 All Rights Reserved.